新曲出来ました!

20240409170120aa3.gif
昨日から録音を開始した今年の第2弾の新曲、

今日完成しました。

早いです!

2日で録音終了^ ^。

自分でも驚きです。

歌詞とメロディはだいぶ前に出来てました。

昨日一発めの録音をしたんですが、

出来たものがイメージが違って納得できませんでした。

眠ってるうちに自分の中でなんか決まったんでしょうね。

一夜明けてイメージが固まってました。

今日録った音にはだいぶ満足しました。

さて、新しいチャンネル、
いよいよ稼動します!
YouTubeチャンネル

涙のロックンローラー/オリジナル曲動画


2023年は僕にとって自分軸(自分はコレだ!)をはっきりさせる大事な歳でした。

そんな年の夏、オリジナル曲最後の録音になったのが、

この「涙のロックンローラー」です。

この曲は仕事中、鼻歌でメロディを口ずさんでいて、頭から離れないメロディとなり、

自分の意識のストックから時々引っ張り出しては歌っていた、

そんなやり方で作っていった曲です。

(わかりづらいかな〜?^ ^)

メロディ、サウンドの面では

元々は70年代初頭のイギリス、ロンドン周辺の

ロッドスチュワートあたりのイメージがあったように記憶してます。

そして作り込んでいくうちに、

オールディーズ、特に日本のロックンロールの味わいを持った曲になっていった、

僕的には1970年代の矢沢永吉さんのいたキャロル、そして湘南サウンド、

80年代の藤井フミヤさんのいたチェッカーズあたり、

それらの流れをくむテイストに変化していったように感じてます。

(僕的には、です^ ^。)

これも作ってる自分とは別の、

リスナーとしての自分が後から感じる感想であって、

作ってる時は、何も考えずに入り込んでやってるわけですよ。

常に自然に出来てくる感じなんですね。

さて、そして歌詞の面では、

実体験を書く事が多い僕ですが、

この曲は冒頭から「激しい恋をしたロックンローラー〜🎵」

恋に苦しむ男を元気づけるような内容が綴られます。。。

さてさて、そんな恋が、最近僕の周辺に実際にあったのかどうか?

そのあたりについては、皆さんのご想像にお任せします^ ^!


プロフィール

ホビイストTomoya

Author:ホビイストTomoya
1963年生まれ。若い頃バンドをやっていた経験から、2021年以降オリジナル曲の曲作りを始める。MTRを使って録音した曲を動画にしてYouTubeで公開。2023年、サブスクにてアルバムを配信。発表した曲は2024年3月までに20曲。同年4月からは新しいチャンネルで曲を発表している。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR