Tレックス/20th Century Boy


1970年代前半はロックが多様化した時代です。

ハードロック、プログレッシブロックなど色んな名前のロックが生まれたのもこの時代です。

その一つがグラムロック。

今回紹介するTレックスはグラムロックを代表するバンドです。

僕がTレックスを初めて聴いたのはリアルタイムではありませんが、

確か17歳か18歳の高校生の頃だと記憶しています。

当時はボーカルのマークボランの魅力的な声に惹かれました。

でも僕はどちらかというと、同じグラムロックでもデビッドボウイーの方をよく聴いていたんですね。^ ^

Tレックスは、のめり込むほどには聴いてなかったのですが、中高年になってからですね。

そのサウンドの素晴らしさに気付かされてグイグイ聴くようになったのは。

そのきっかけになったのがこの「20th Century Boy」です!

ストレートなロックでなおかつポップ感覚溢れる、鳥肌が立つほどイカした曲です。^ ^

マークボランのような優れたロックミュージックを作る人は、

どこかにオールディーズ的なキュートなポップ感覚を持っているような気がします!

プロフィール

ホビイストTomoya

Author:ホビイストTomoya
1963年生まれ。若い頃バンドをやっていた経験から、2021年以降オリジナル曲の曲作りを始める。MTRを使って録音した曲を動画にしてYouTubeで公開。2023年、サブスクにてアルバムを配信。発表した曲は2024年3月までに20曲。同年4月からは新しいチャンネルで曲を発表している。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR