ストレイキャッツ/Lonely Summer Nights


ストレイキャッツは1980年代に登場したアメリカのロカビリーバンドです。

それまで古臭いと思われていたロカビリーサウンドを、

新たに蘇らせたバンドと言えるでしょうね。

僕が初めて彼らを知ったのは、確か高校生の頃。

ベストヒットUSAという、洋楽を紹介する番組があって、

そう、あの小林克也さんが司会を務めていた番組です!

番組の中で、

新しく出てきたバンドという事で紹介されたフィルムに釘付けになったのを覚えてます。

当時、色んな音楽をミックスしてやるバンドはあっても、

彼らのように純粋にロカビリー一辺倒なバンドはいなかったように思います。

さらに大きな魅力は、3人編成なのにサウンドが非常にしっかりしている。うまい!

それでいてキチっとし過ぎない、ルーズで余裕すら感じられる点です。

ストレートでアップテンポな曲はどれも好きですが、

今回はちょっとマニアックな所で彼らのスローバラードを聴いてみたいと思います。

孤独な夏の夜、恋人を思いながら想いにふける、そんな感じの歌ですかね〜。

プロフィール

ホビイストTomoya

Author:ホビイストTomoya
1963年生まれ。若い頃バンドをやっていた経験から、2021年以降オリジナル曲の曲作りを始める。MTRを使って録音した曲を動画にしてYouTubeで公開。2023年、サブスクにてアルバムを配信。発表した曲は2024年3月までに20曲。同年4月からは新しいチャンネルで曲を発表している。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR